包茎手術を受けた後のアフターケア

包茎手術は多くの場合、1時間程度で終わる手術であり、その日のうちに帰宅することも出来ますので、それほど大変な手術というわけではありません。
しかし、その日のうちに帰宅できるということは、包茎手術を受けた後のケアは自分で行う必要があるということです。
例えば、感染症予防の抗生剤の内服や患部の洗浄、包帯のまき直しなどを術後に自分で行わなければいけません。
もちろん病院でも包茎手術を受ける前、そして、受けた後に自己処置の方法やシャワーや入浴をはじめていい時期などの説明がありますので、それほど心配することはないでしょう。
ただ、それでも分からない面や不安な面が出てきてしまうこともあるかもしれませんので、そうした時には自分で勝手に判断をするこのではなく、手術を受けた病院に連絡をして指示を仰ぐとよいでしょう。
基本的にこうした緊急の電話連絡は病院側の術後アフターケアに含まれていますので、分からないことはすぐに聞くようにすることが一番のトラブル予防となるのです。
私は包茎 岡山皐月形成クリニックで手術をしてもらいましたが、非常にスムーズに対応して頂け、術後の経過も良好でした。
おすすめのクリニックです。